ネズミの被害もこれでゼロ~驚きの対策方法~

種類を確かめよう

作業担当者

ネズミと一口にいっても、多数の種類が存在します。このため、自分の住まいに現れるネズミがどのようなネズミなのか分からない人も少なくありません。一般的なネズミとして有名なのが、ドブネズミです。ドブネズミは体長が非常に大きいことが特徴で30センチほどの個体もいます。特に住宅などに発生しやすいネズミの中では一番大きいネズミといわれています。この個体の特徴として、泳げるため水のある場所でも活動できるといったことが挙げられます。特にこの個体が発生しやすいといわれるのが建物の床下や地下などです。このため、ドブネズミを対策するためには建物の下に気をつける必要があります。また、ドブネズミは非常に攻撃的なことから、人間に噛みつく恐れがあります。このため、危険性が高いことでも知られているため住宅で見かけた際は対策する必要があります。

住宅に発生することも多いネズミの一つがクマネズミです。ドブネズミよりも体長は小さいものの、耳が大きいことから、見分けやすいのも特徴です。このネズミは屋根裏などに潜んでいることも多く、巣を建物の壁裏などに作ることが多いです。このため、巣を見つけにくいという特徴があります。クマネズミはネズミ対策には欠かせない薬剤にも強く、なかなか対策しにくいという特徴を持っているのです。このネズミは、非常に行動力が高く、壁や急な斜面を登れることから捕獲しにくいのです。クマネズミを見つけた時もできるだけ早めに対策することが大切です。